BOAT SETTINGS

HDS-12CARBONフル装備@トライトンTR20 X3 PRO

レンジャーZ521C長谷川艇と同時進行でセッティングを進めていたのがこちらのトライトンです。

HDS-12CARBON×2

大画面ディスプレイのHDS-12CARBONを前後に装着。

バウはJ-Specストライドマウントで高さを出し、視認性と操作性をさらにUPです。

この年式のトライトンのコンソールには12インチは埋め込めないので・・・

パネルを作成して7インチが埋め込まれていた穴は塞ぎ、内側には補強を入れて

オンダッシュ仕様でHDS-12CARBONをセットできるようにしました。

魚探&ネットワークパーツ


ロッドストレージにストラクチャースキャン3Dのユニットボックスを設置。

3D振動子は純正ブラケットは使わずジャックプレート下にJ-Specトータルスキャン振動子プロテクターを使って設置。
(トータルスキャンとストラクチャースキャン3Dは同じ穴位置なので流用可)

NMEA2000ネットワーク関連はヤマハエンジンインターフェイスでエンジン情報をHDSで表示させ

もちろんPOINT-1は前後に装着。

ネットワーク水温センサーEP-80Rが付いていたのでそのまま流用。
バッテリーはたくさんの電装品にも安心のオプティマブルートップD1400Mです。

JENSEN MARINE AUDIO

今回の仕上げにマリンオーディオの取り付けです。
メインユニットはJENSEN BluetoothステレオMS3ARTL
取り付け位置に悩みましたがグローブボックスを取り外してパネルを作成しインストールしました。

スピーカーはJENSENの6.5″を左右コンソール下のサイドにインストール。

位置決めから穴開け、配線の引き回しなど、魚探の取り付けの数倍手間と時間がかかりましたがなかなかいい感じに仕上がったと思います。

釣果には一切関係のないアイテムですが、釣りの合間の時間や準備、片付けの時間などに音楽があるのはなかなかイイものですね。


何とも贅沢な仕様のトライトンTR20X3PRO、
あとはウルトレックスを装着すれば完成です!

ピックアップ記事

  1. 2018 GPS魚探ご検討の方へ
  2. HONDEX HE-9000オリジナルパッケージ
  3. ウルトレックス&オプティマ@レンジャーZ521C長谷川艇
  4. 自動等深線作成機能『GENESIS LIVE』インプレその1
  5. HONDEX HE-9000新機能紹介

関連記事

  1. HDS

    『HDS-12LIVE』インプレ【2019NEW】

    NEW HDS “LIVE”12inchLOWRANCEのフラッグ…

  2. BOAT SETTINGS

    HDS-9CARBON@トライトンTR-21X

    前後HDS-9CARBONをセッティングGPS魚探システムをHON…

  3. BOAT SETTINGS

    前後Elite-9Ti@レンジャーR72

    Elite-9TiのHDIモデルとトータルスキャンモデルをそれぞれ前後…

  4. BOAT SETTINGS

    HDS-9&12CARBON@レンジャー188VX

    ローランスHDSシステムをフル装備レンジャー118VXにローラ…

  5. HDS

    2018 GPS魚探ご検討の方へ

    見て、触ってご検討くださいGPS魚探の入れ替えや新規導入検討をされ…

  6. BOAT SETTINGS

    HDS Gen3オンダッシュ@レンジャー518VX

    フラッシャーからHDSへ一昔前のバスボートはコンソールのセンターに…

Calendar

2017年9月
« 8月   10月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

最近の記事

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

  1. MINNKOTA

    ULTREX112@スキーターFX21LE
  2. OPTIMA

    OPTIMAバッテリープロジェクト始動
  3. Elite-Ti

    Elite-9Ti HONDEX電源変換仕様
  4. MOTOR GUIDE

    MOTOR GUIDE X3@レンタルローボート
  5. LOWRANCE

    魚探画像from七色
PAGE TOP