Elite-Ti

Elite-Ti用振動子変換アダプタ

Elite-Tiシリーズで各種振動子を使う


ベストセラーモデル、『Elite-Tiシリーズ』は「トータルスキャン」もしくは「HDI」のオールインワン振動子(黒コネクタ)が標準装備です。

レンタルボートやスモールボートでの使用には1個の振動子ですむので非常に便利ですが、一般的なブルーコネクタのポッド型やスキマー型の2D振動子が接続できないというデメリットもあります。
そこで
『Elite-Ti用振動子変換アダプタ』(xSonic Connector Transducer Adapter Cable
)のご紹介。
こちらのアダプタ使うことでElite-Tiシリーズの使い道が広がります。

【対応機種】:9PIN黒コネクタ振動子が使用できるモデル(Elite-Ti HDS Gen3およびCARBON各モデル)

ブルー→ブラックに変換可能!

ローランスで一般的な青コネクタの振動子をElite-Tiシリーズの黒コネクタに変換ができます。

常Elite-Tiでは黒コネクタのトータルスキャンもしくはHDI振動子しか使えませんが、このアダプタを介することで青コネクタの船底貼り付けのポッド型やスキマー型振動子を接続することができます。

「設定」→「ソナー」→「ソナー設置」で「振動子の型式」を選択します。
※通常Elite-Tiシリーズは『TOTAL SCAN』もしくは『HDI M/H』(浅場モデル)のいずれかになっています。
【一般的なブルーコネクタ振動子の型式】
・水温センサー内蔵スキマー型→HST-WSBL(83/200kHz) HST-DFSBL(50/200kHz)
・水温センサー内蔵ポッド型→PDT-WBL
・水温センサー別体ポッド型→PDRT-WBL

Elite-Tiシリーズでも船底貼り付けのPDRT-WBLを使用することで、バスボートのプレーニング走行時にも、ボトムをトレースすることができます。
さらなる組み合わせで・・・
ホンデックス/ロランス振動子変換アダプタと組み合わせればホンデックス200kHz振動子をElite-Tiシリーズで使用することができます。(水温は表示されません)
また、MKR-US2-10ミンコタUS2アダプターケーブルと組み合わせればウルトレックス等の内蔵振動子をElite-Tiシリーズで使用することもできるようになります。
組み合わせる振動子のパターンが大幅に広がります。

ピックアップ記事

  1. リアルタイムソナー『LiveSight』リリース
  2. 浚渫エリアで等深線作成『GENESIS LIVE』インプレその2
  3. HOOK2シリーズ用パーツ
  4. GPS魚探をご検討の方へ2019-2020
  5. 【NEW】HDS LIVE

関連記事

  1. HDS

    『ActiveTarget』&『Elite FS』DEBUT

    2021LOWRANCEニューアイテム発表ActiveTarget…

  2. BOAT SETTINGS

    Elite-12Ti&POINT-1増設@レンジャー492V

    レンジャー492Vにアイテム追加以前HDS-7Ge…

  3. Elite-Ti

    レンタルバスボート仕様GPS魚探

    レンタルバスボートの新定番システム特に琵琶湖では18フィート以上の…

  4. HDS

    HDS-16CARBONセッティング開始

    トーナメントスタッフのS先生がご来店。話題の超大画面ディスプレイの…

  5. GARMIN

    GARMIN GPSMAP8400シリーズ【2019NEW】

    GARMINフルラインナップのFS大阪インテックス大阪で開催中の「…

  6. Elite-Ti

    2017NEWモデル Elite-9Ti比較インプレ

    Elite-9Tiの他モデルとの比較インプレッション…

Calendar

2018年11月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

最近の記事

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

  1. TEAM North Wave

    2017JB生野銀山湖 第4戦
  2. Elite-Ti

    9インチGPS魚探のレンタルボート仕様
  3. MINNKOTA

    最先端エレキ搭載のビッグアルミボート
  4. Elite-Ti

    『Elite-9Ti2』インプレその1【2019NEW】
  5. HDS

    HDS-9LIVEレンタルバスボート仕様
PAGE TOP